CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
COMPANY LINK

 

フィルムバナー.jpg


 

AUTO SHOW WOLK

2020オートサロンバナー.jpg

2018.01オートサロンバナー.jpg

2018.01オートサロン.jpg

2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
MOBILE
qrcode
品質のいいお仕事は、品質のいい「水」から始まります!
 
このところ、どうも純水の数値が落ちて来たな〜と不思議に思っていました。

今年に入ってからROモジュール(逆浸透膜フィルター)の交換をしたばっかりだし・・・・。
活性炭フィルターの交換はまめにしてるし・・・・。
おかしいな〜って思っていたら・・・・。

なんと、純水装置に送水している軟水器が原因と判明しました!^^;
コヤツのイオン交換樹脂は3年前に変えてそのまま!

そろそろ限界ってことですね^^;

ホットカンパニーで洗車やコーティングに使う水は「純水」を使っています。
元をたどると、井戸水→軟水器→純水装置→「純水」になっているのですが、
軟水器も定期的なメンテナンスが必要だということですね^^;

ついでに消耗品のパッキン交換や清掃なども一緒に。










この青い筒の中にイオン交換樹脂が入っていて、水を軟水に変えてくれます。



プチプチした粒で、魚の卵みたいです^^;



組み立ても順調に運び完成!
結構、こういうの好きなんで楽しいです^^



これで、純水装置の負担も軽くなって綺麗な水を造ってくれます^^v





ちなみに「純水」とは、
簡単に言うと、
水道水に含まれているミネラルを取り除いて
不純物の混入の無い水です。

何がいいのか?というと、
洗車でのスケールジミ(水滴ジミ)がほとんど付かないって事です。
磨きやコーテイング前の洗車や研磨後の洗車には最適なんです。


弱脱脂効果もあり、コーティングもさらに綺麗に密着できますし、
何よりもスッキリ仕上がります^^

ちなみに、この純水装置は「高純水」まで造れます。
「高純水」はどんなレベルかというと、
オリンピックなどの競技で使われる50mプール(50m×30m×1.5m)の水に対して、
スプーン1杯分の不純物しか含まれない水という事です。
ビックリですね^^

純水の品質を計る単位にマイクロジーメンスという単位があります。
マイクロジーメンスとは水の電気伝導率の事を言います。
数値が少ないほど電気を通さない。=不純物が含まれない。
という計測方法です。
一般に1マイクロジーメンスが「純水」といわれ、
0.1マイクロジーメンスはその10分の1で「高純水」といいます。


うんちくはこの辺で^^;

とにかく、綺麗な水がまた造れます^^v


品質のいいお仕事は、品質のいい「水」から始まります^^v





「クルマが輝けば、人が輝き、街が輝く!」

株式会社ホットカンパニー


フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/
スタッフブログ:http://hot-staff.jugem.jp/
facebook:こちら 「いいね」宜しくお願いします。




カーフィルムが安い!
詳しくは、こちらをご覧ください。→山梨カーフィルム専門ショップページヘ

ボディコーティング カーコーティング ポリマー加工 カーフィルム クルマ
山梨県に限らず、東京 埼玉県 千葉県 神奈川県 静岡県 長野県の綺麗な車好きのオーナ様お待ちしています!


JUGEMテーマ:カーコーティング




| お手入れ | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明けまして、おめでとうございます!



明けまして、おめでとうございます!

旧年中は多くの皆様にご愛顧いただきまして、
厚くお礼申し上げます。

本年もより一層、皆様のご期待、ご要望にお答えできますよう
メンバー一同真摯に勤めて参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。


年始は1月6日より営業いたします。


1月8〜9日は社員研修(合宿)となりまして、
お休みをいただきます。
年始早々ご迷惑をお掛けいたします。

今年も「綺麗・気持ちいい!」の追求と、快適なカーライフのお手伝いを目指し、
張り切ってまいります!

重ねがさねではありますが、
本年もどうぞ宜しくお願い致しします!


株式会社ホットカンパニー
望月 厚郎



| お手入れ | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ホイールの水切りに〜これは便利!
JUGEMテーマ:車/バイク

【ブロアーを使っての水切り】

エアーコンプレッサーが無くても、
100Vの家庭用電源が取れれば『ブロアー』を使って水切りができます。
ちょっと音が大きいので、ご近所迷惑にならないように注意が必要です^^;

ブロアーを使っての水切りの様子です。

<OBJECT width="425" height="344">
</OBJECT>


風量があんがい多く、噴出し口もエアーガンより大きいので広範囲で水切りができます。

ホイールもですが、洗車の後にドアミラーやグリル、ドアの内回りからポタポタ垂れる
水滴もある程度解消できますのでいいですよ^^
ホットカンパニーではすごく重宝しています。
(車内のホコリ飛ばしにもある程度は使えると思います)


お店で使っているブロアーは
日立製 RB40VA という機種です。
可変ダイヤル付きなので風量も調節できます。
ロングノーズはオプションです。

参照サイト

ホームセンターなどでは
¥2.000くらいからお安いのがあると思いますよ^^



画像に載っている『トリートメント』は
ボディコーテイングをさらに保護してあげるコート剤です。
吹き付けて湿ったクロスで拭き上げるだけで簡単にコート膜ができます。
2〜3ヶ月くらいは「ツルッ!」とした手触りを保てます。
(コーティングを保護する犠牲膜として最適です)

もちろんホイールやプラスチックの部分もOKです。
オリジナル商品なので店頭のみの販売です^^;

お値段は¥2.200 200cc です。


これから益々寒くなりますので、洗車はキツクなりますが、
楽して・早くて・キレイ」な洗車が一番ですよね^^






関連情報URL : http://www.hot-ccs.com/
| お手入れ | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ホイールはこんな感じで洗っています。
JUGEMテーマ:車/バイク

 【洗車/ホイール洗浄編】

洗車といったら、まずホイールから。
というホットカンパニー流の洗い方を動画にして見ました^^


ご参考になればと・・・^^

<OBJECT width="425" height="344"></OBJECT>

【ホイール洗いの注意点】
・走った直後だとホイールが熱く、水の乾きが早いので冷やしてから。
・ホイール専用のクリーナーが無くても安心。(カーシャンプーでもOK)
・洗ったところが乾く前に水で早めに良くすすぐ。
・鏡面バフ仕上げなど光沢のあるホイールは柔らかいスポンジのみ。(ブラシは禁物)
・ブラシ類は柔らかいものを使う。
・強アルカリ性、強酸性のクリーナーは禁物。(変色します。)
・手を怪我する恐れがあるので出来るだけ手袋を。
・とにかく良くすすぐ。(キャリパー部分から汚れが出てきます。)
・洗車が終わったら水滴は拭いて。(水滴シミが付いちゃいます。)


ボディはキレイでもホイールが汚れていると・・・
足元って気になります^^;
(個人的に^^)


関連情報URL : http://www.hot-ccs.com/
| お手入れ | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「ガラスに付いた初期の水滴ジミを取る方法」
JUGEMテーマ:車/バイク

このトコロ、猛暑が続いていますね〜^^;

そんな時の洗車は禁物です。
涼しい時間帯ならいいですが、
ボディにもガラスにも水滴のシミが付きやすくなってしまいますよ^^;

という事で、水滴シミがガラスに付いてしまった時の
やったらイケナイお手入れ」をご紹介します。


擬似的にガラスに水道水を掛けて水滴のシミを造ってみました。


乾くとこんな感じです。
タオルで拭いても取れない状態です。


ふとガラスを覗いたら、水滴のシミが付いている!
って事はありませんか?

さて、こうなってしまったら


スポンジでは取れないから、
台所のスポンジは・・・



答えは「×」です。
サクサク取れる場合もありますが、
ガラスにキズが入ることが多いです!
絶対にやめた方がいいです^^;



ちなみに、台所スポンジで擦ると・・・
こんな感じです↑
細かい小キズがいっぱい入ってしまって取れなくなってしまいます^^;
(ガラス研磨をすれば浅い傷でしたら取り除けます。)


そこで一番安全で、しかも綺麗に取れる裏技?をご紹介します。
これは「トラップネンド」というものです。
市販されているものもありますね。
塗装面に付いたザラザラを取ったりする粘土です。
ネンドと言ってもコンパウンドが入っています。


ホットカンパニーでは、
ガラス用のトラップネンドを使います。
(販売はしていませんが、ご希望でればお譲りできます。ご相談下さい)


取れたか取れないか解るようにマスキングで境目を造ってみました。
ネンドが動きやすくなるように少量の水を加えてサクサクと擦ります。
このとき、ガラス面を綺麗にしておく必要があります。


マスキングを剥がすと〜
初期の水滴ジミなら簡単に落せました^^


スッキリですね^^

【ご注意】
あくまでもすべての水滴ジミが取れるわけではありません。
今回は擬似的に水滴ジミを造りました。
初期症状であれば今回のトラップネンドでも取り除けます。




◇◇Twitterはじめました^^よろしければフォローお願いします〜^^◇◇
Twitter:http://twitter.com/hotcompany1988

■■■HOT COMPANY■■■■■■■■■■

株式会社ホットカンパニー 

『綺麗・気持ちいい!感動づくりを通して、
         輝く人、輝く社会を創造する。』

〒409-3866
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
TEL 055-275-6700  
FAX 055-275-6709
E-mail:kagayaki@hot-ccs.com
HPアドレス:
http://www.hot-ccs.com/
お仕事日記:http://work-diary3.jugem.jp/
Twitter:http://twitter.com/hotcompany1988
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| お手入れ | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/3PAGES | >>