CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
COMPANY LINK




AUTO SHOW WOLK
2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 雨だったのに・・・・ | main | これから10年は乗りたい「GT-R」 No.2 >>
これから10年は乗りたい「GT-R」 No.1

以前、ブログ友達で何度かお会いさせていただいています
 R34のスカイラインGT-Rさんです。


すごく大切にされていて、
最近エンジンもオーバーホールされたばかりだそうです^^

それを機に、
ボディもキレイにしてあげたいとの事で、
ホットカンパニーを選んでくだしました^^







まずは下地造りですが、塗膜の厚さが気になります・・・

オーナー様には、
お見積り時にご説明させていただきましたが、
塗膜の厚さがとても厳しく思うような下地が造れない可能性がありました・・・

という訳で、塗膜計で磨く度に測定しながらの作業となりました。




そでも、日頃のお手入れが良く、
思いのほか紫外線劣化も少なく、
しっかりとした塗肌調整ができました^^


さらに、オーナー様のご要望の一つでもある、
「細部の汚れ落し」

こちらは、
リアウイング周りです。

ウイングを外すとお手入れのできない部分には
水垢やスケールジミが付着していました^^;



こういった所は手作業とミニポリッシャーを駆使しながら仕上げていきます。





見えないところですが、キレイになると気持ちがいいですね^^



続いては、
外したウイングはと言うと。

照明が曇って写りこんでいますね^^;




こちらも、ウイングのサイズに合わせて、
ミニポリッシャーを使い磨き上げます^^





照明がキラキラ写り込むようになりました^^


ボディに装着されている大っきなスポイラーは、
オーナー様とご相談の上、外さずに薄型のポリッシャーでスポイラーとトランクの間を磨きました^^



スポイラーの根元部分は、
こちらもミニポリッシャーが大活躍中^^



手作業では光沢もいまひとつですが、
こういう部分の仕上りにこだわって行きたいところです。



細部の汚れというと、
モールやエンブレムなどもそうですが、
外観からは見えない底の部分。

こちらはサイドステップの下周りです。
(鏡を床に置いて撮影しています)



こびり付いて洗車ではすでに落ちなくなっています^^;



石はねで塗装が欠けてしまっていますが、
こびり付いた汚れはスッキリキレイになりました^^


その他、
ドアの内周りやトランク周り、ウインドのウエザーストリップまわりなど、
こびり付いた汚れをできる限りクリーニングさせていただきました。

株式会社ホットカンパニー

フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/
スタッフブログ:http://hot-staff.jugem.jp/
picasa:https://picasaweb.google.com/atsuro.mochizuki





| ボディケア | 14:07 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
古い記事ですが、読ませていただいてます!
リアスポイラーの下部分ってウィング付いたまま磨けるのですね!
電動のポリッシャーですか?
いろいろなコーティング屋のブログを見てますが見たことの無いポリッシャーですね。

横型を使っている人たちが増えてきてるみたいですが、これはどこのポリッシャなんでしょうか?
| ゆう | 2015/11/18 2:40 PM |
ゆうさん
こんにちは。
記事を読んでいただき有難うございます。

スポイラーの下を磨きのに使用しているポリッシャーはコンパクトツールのギアポリッシャー(エアー式)です。
かなりギリギリのサイズですが、薄いバフと組み合わせて磨くと作業できます(^^)

| ホットの主 | 2015/11/19 4:04 PM |
こんにちは!ありがとうございます!
やっぱりそうですよね!こんな狭い所は構造的に電気じゃ厳しいだろうなぁっておもったんです!

エアのポリッシャーって設備とか大変そうですよね(汗)
| ゆう | 2015/11/20 1:56 PM |
エアーツールの方が軽くてコンパクトですからね〜。
電動ツールより設備費がかかりますよ。
コンプレッサー、エアータンク、エアードライヤー、エアーフィルターなど必要ですからね〜^^
| ホットの主 | 2015/11/25 4:21 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work-diary3.jugem.jp/trackback/612
トラックバック