CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
COMPANY LINK




AUTO SHOW WOLK

2018.01オートサロン.jpg

2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
MOBILE
qrcode
<< メーターパネルのレンズも磨けます^^ | main | ボディコーティングの再施工 >>
透明断熱UVカットフィルムと車検事情
JUGEMテーマ:車/バイク



カーフィルムは透明であれば車検が通る?


(道路運送車両の保安基準第29条)
運転席および助手席の窓ガラスに着色フィルムを貼り付けた状態での可視光線透過率70%未満のものは不可。

とあります。

という事は、「透明であればOk!」という解釈とは違います^^;


窓ガラスに貼り付けた状態で、可視光線透過率が70%以上ないといけない訳です。

逆を言うと、貼り付けた状態で70%以上あれば可。ということになります。


ホットカンパニーでは透明なフィルムを施工する場合でも、
その都度測定器を使って数値を出してから施工可能かどうか判断しています。

まずは測定器の数値チェックです。
ちゃんと測定器が機能しているかを検査します↓


なにも挟んでいない状態で100.0
これは、可視光線透過率が100%を意味しています。
測定器は正常!^^

続いて、施工対象のクルマの窓ガラスを計ってみます↓


76.3%
何も貼っていないガラスですが、薄〜く着色ガラスになっている事がわかりますね^^


ちなみに、これから施工するフィルムだけの数値は↓


フィルムを測定器に貼り付けてみました。
92.3%
見た目ではまったくの透明ですが、素材や糊などで7.7%は数値が減っていますね。

ちなみに貼り付けるフィルムは
「透明断熱UVカットフィルム」です。
 ・紫外線を99%カット
 ・赤外線を71%カット
という高性能タイプです。

通常の透明フィルムでは紫外線カット機能はありますが、赤外線(断熱タイプ)カット機能はあまりありません。
エアコンの効率(効き具合)が「ぐ〜ン」とアップします^^


それでは、施工してみます。↓



施工後の数値は?というと↓


74.0%
可視光線透過率が74%という数値です。

70%以上確保されていますので車検にも合格できますね^^
(測定器にも多少の誤差はあります)


フィルムにもさまざまな品質と性能、機能があります。

安いから」。で施工してしまうと「損してしまう」こともありますので
確かなモノ」を選んで貼ったほうが「返って安い買い物」になることもあります^^

知らなくて損しないでくださいね^^;



★ガラスコーティング・カーフィルム専門店★
株式会社ホットカンパニー
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
地図
055-275-6700
http://www.hot-ccs.com/
kagayaki@hot-ccs.com
★お車の美装と快適カーライフをお手伝いします。★


 
| カーフィルム | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work-diary3.jugem.jp/trackback/481
トラックバック