CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
COMPANY LINK




AUTO SHOW WOLK

2018.01オートサロン.jpg

2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
MOBILE
qrcode
<< レヴォーグ クオーツガラスコーティング3D | main | チタン製のマフラーをガラスコーティング >>
ヘッドライトリペア・プロテクションコース

ご来店いただきましたレジェンドさんのヘッドライト。

レンズ表面が白く傷んできてしまったようです。

 

こうなっては、簡易的な磨きではほんの一時的な処置で終わってしまうため、

痛んだハードコート層を全部取り除いてキレイに修復していきましょう〜!

 

 

2018-10-24-sato-001.jpg

↑↑クリックでレンズの様子を動画でご覧いただけます。↑↑

 

レンズ表面がこうなってしまう大きな原因は、

無くてはならない太陽!から降り注ぐ紫外線です。

レンズそのものは、ポリカーボネイト樹脂素材で作られていますが、

樹脂素材そのものはキズが付きやすく、紫外線を浴びるとすぐに白くボケてしまいレンズそのものの耐久性がありません。

そのため、レンズ表面には「ハードコート層」というものをコーティングしてあるのですが、

ハードコート層自体も紫外線や走行中の砂やホコリ、雨や雪、高温に凍結など四季を通しても

様々な過酷な状況にさらされて徐々に傷んでしまいます。

 

 

2018-10-24-sato-002.jpg

 

2018-10-24-sato-003.jpg

 

2018-10-24-sato-006.jpg

 

せっかくのお車もこうなってしまうと、寂しい〜〜〜感じですよね。

初期症状であれば殆ど新品に近いレンズ表面を造り出すことができます。

それをヘッドライトリペアと呼んでいます。

 

レンズ表面の劣化しハードコート層の残痕をサンディングして、

レンズそのものを一度裸にしてしまいます^^

 

 

2018-10-24-sato-007.jpg
↑↑クリックでサンディングの様子を動画でご覧いただけます。↑↑

丸裸状態のヘッドライトレンズ。

真っ白けですが、ここから研磨工程を経て

徐々に綺麗になっていきます。

2018-10-24-sato-010.jpg

 

ある程度レンズを磨いて透明度が出てきたら、

ヘッドライトスチーマーを使ってレンズの表面を透明にしていきます。

ここでもう十分な仕上がり〜!になってきます。

 

 

2018-10-24-sato-012.jpg

↑↑クリックでレンズリペアの様子を動画でご覧いただけます。↑↑

ヘッドライトリペアはここまでで終わりですが、

このままだと、また少し時間が経つと紫外線で白く曇って来てしまいます。

ヘッドライトコーティングをする。という手もありますが、

ハードコート層がなくなっているので、さほど長持ちはしません。

2018-10-24-sato-014.jpg

 

そこで、登場するのがヘッドライト用に開発された「ヘッドライトプロテクションフィルム」です。

 

見た目は普通のプロテクションフィルムに見えますが、

素材が大違い!

 

UVカット機能がついて、さらに破れにくく、表面には撥水効果もあって超優れものです!

耐候性は屋外で3〜5年と長〜く保護してくれます!

 

2018-10-25-002.jpg

 

ドライバーをギュ〜と刺しても簡単には貫通しません。

飛び石キズの効果にも絶大です。↓

2018-10-25-003.jpg

ドライバーの跡もほんのりある感じです。

破れていません。↓

2018-10-25-004.jpg

素材の表面は撥水加工をしてあるので、汚れも付きにくく、レンズの光源を低下させることは殆どありません。↓

2018-10-25-006.jpg

 

という訳で、プロテクションフィルムをレンズに貼り付けて仕上げていきます。

「ヘッドライトリペア・プロテクションコース」という感じです。

 

IMG_5461.JPG

 

ヘッドライトプロテクションフィルムは初めから車種に合せたサイズにカットされたタイプもありますが、

ホットカンパニーでは、多種多様に応じて貼り付けてからカットしています。

 

カット!?というと、レンズにキズが付くイメージですが、

そこはご安心下さい。

 

ナイフレステープという優れものがあり、

カッターを使わずにフィルムを切ることが出来るので、レンズに傷つけることなく綺麗なカットができます。

 

IMG_5460.JPG

細いピアノ線みたいなのがナイフレスのカットワイヤーです。↓

これでカットしていきます。

IMG_5457.JPG

 

そして仕上り!

スッキリしたヘッドライトに戻りましたね〜^^v

お車の見立ても良くなて、気持ちいい感じです。

 

ご利用ありがとうございました!

 

2018-10-24-sato-016.jpg

 

「ヘッドライトリペア・プロテクションコースお値段」

国産車 左右レンズ ¥40.000〜

輸入車 左右レンズ ¥60.000〜

※特に欧州車はハードコート層が厚く硬いため、リペア費用が国産車と違います。

 

もちろん、新車時に施工しておくとさらにレンズ保護の効果もあってキレイが長持ちします。

 

「ヘッドライトプロテクションのみのお値段」

国産車 左右レンズ ¥25.000〜(凸凹レンズ・大型レンズは+5.000〜要お見積り)

輸入車 左右レンズ ¥30.000〜(凸凹レンズ・大型レンズは+5.000〜要お見積り)

 

 

★★ヘッドライトリペア・プロテクションコースその他の施工事例はこちらから★★

 

 

 

インスタ、フェイスブックも合せてご覧ください。

 

 

「カーフィルムが安い!」


只今、とってもお得なキャンペーンを開催中です!

この機会をお見逃しなく!!

詳しくは、こちらをご覧ください。

山梨カーフィルム専門ショップページヘ

 

 

「綺麗って気持ちいい!」

株式会社ホットカンパニー
フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/

 

| ヘッドライトリペア | 22:55 | - | - | pookmark |