CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
COMPANY LINK




AUTO SHOW WOLK

2018.01オートサロン.jpg

2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
MOBILE
qrcode
<< ボディコーティング手順 1 | main | ボディコーティング手順 3 >>
ボディコーティング手順 2

F12 磨き 004.jpg

 

Ferrari F12 

ロッソヴェルリネッタ

ボディコーティング前の下地処理を終えキレイに塗肌が整ってきました!

引き続きボディコーティングの施工手順をご紹介いいたします。

 

 

弱酸性シャンプー洗車

磨きも塗装面をキレイにしていく作業ですが、コンパウンド(研磨剤)のカスやホコリ、わずかな油脂分が塗装面に残ってしまいます。

それらを残したままコーティングするの密着が低下する原因となるので、磨き終わったらもう一度洗車を行います。

 

この時使うシャンプーは「弱酸性タイプ」のものを使います。

その理由は中性タイプのシャンプーでは洗浄しきれないミクロのコンパウンドカスなど、エデト酸の効果で界面活性剤の洗浄力を引き出しスッキリとした塗肌に整えてくれる為です。

 

F12 洗車1 046.jpg

 

 

F12 洗車1 020.jpg

 

 

F12 洗車2 013.jpg

 

 

コーティング前の洗車も同じく「純水」を惜しみなく使い、密着を高めるために不純物を塗装面に残さないようにします。

 

F12 洗車2 012.jpg

 

 

F12 洗車2 027.jpg

 

 

 

水滴の拭取りと乾燥

ここでも、吸水クロスを使い、水滴だけを優しく拭き取っていきます。

純水とはいえ、ボディコーティングには少しの水分があるだけでも施工不良が起こりかねないので、出来る限り取り除く必要があります。

 

 

F12 水切り 003.jpg

 

 

ホットカンパニーではボディコーティングの施工は空調管理された専用の施工ブースがあり、水滴の乾燥もここで同時に行っていきます。

コーティングブース参考記事1はこちら

 

 

 

 

水切りブロー

ドアミラーの付け根やドアの内回りのヒンジ部分、ボネットフードの内側、ホイールなど、

とにかく水が潜んでいるところは徹底的に水分を取り除いていきます。

 

F12 水切り 012.jpg

 

 

F12 水切り 017.jpg

 

 

 

F12 水切り 015.jpg

 

 

 

F12 水切り 011.jpg

 

 

 

F12 水切り 021.jpg

 

 

 

細部仕上げ

続いては、開閉する部分やウインド周りなどの「細部のキワ」の仕上げです。

コンパウンドカスがこびりついていたり、洗車で落とせなかった内周りなどクリーニングを兼ねてキレイに仕上げていきます。

 

F12 細部クリーニング 002.jpg

 

 

 

F12 細部クリーニング 001.jpg

 

 

 

F12 細部クリーニング 007.jpg

 

 

 

F12 細部クリーニング 012.jpg

 

 

F12 細部クリーニング 014.jpg

 

 

 

最終脱脂

弱酸性シャンプー洗車→純水すすぎ→脱脂

と、ボディコーティングの施工に入る直前に行う最終脱脂となります。

実はここが下地処理で一番神経を使うところです。

 

脱脂をしても1時間も2時間も経ってからでは脱脂の意味がなくなってしまうからです。

有圧のブースで汚れた外気は入ってきませんが、ホコリや空気中のほんのわずかな油分が塗装面に付かないうちに施工をしたいからです。

「密着を高める事がコーティングの最大の効果を生む」

余計なものが塗装面に一切無いことが望ましいからです。

 

もちろん使用するクロスは一度も使っていない新品です。

違うものに使った使いまわしではクロスに余計なものが染みこんでいるため絶対に使ってはダメです。

さらに、脱脂で気を使いたいのは、脱脂剤を拭き取るタイミング。

脱脂剤が乾いてしまってから拭き取ったのでは何の意味もなくなってしまうからです。

 

脱脂はコーティングの施工と同じく温度や湿度管理が重要で、さらに経験がないと出来ない作業です。

ある意味、コーティングの施工よりも難しくデリケートな作業でもあります。

 

 

F12 脱脂2 003.jpg

 

 

F12 脱脂 010.jpg

 

 

F12 脱脂 013.jpg

 

 

F12 脱脂 017.jpg

 

 

脱脂用のクロスはいつも新品で、脱脂に使うクロスも用途に合せて使い分けます。

 

F12 クロス 001.jpg

 

 

各パネルを丁寧に慎重に脱脂していよいよコーティングの施工に移ります。

 

つづく・・・・

 

 

 

Facebookでもその他の施工の様子をご覧いただけます。

 

こちら 「いいね!」宜しくお願いします!

 

 

 

「カーフィルムが安い!」


只今、とってもお得なキャンペーンを開催中です!

この機会をお見逃しなく!!

詳しくは、こちらをご覧ください。→山梨カーフィルム専門ショップページヘ

 

 

 

【スタッフ募集中!】

 

ホットカンパニーでは一緒に働いてくれるスタッフさんを募集しています!

磨き、コーテイングがメインのお仕事です。

興味のある方はお気軽のお問合せ下さいね〜^^

0120-6700-32(望月まで)

 

 

 

人気上昇中の「レザーコーティング」

 

2017.09 レザーコーテイング02.jpg

 

レザーコーティングの汚れテストを動画でもご覧いただけます。

 

レザーコーティング施工価格例

・シート1席(輸入車) ¥24.000

・シート2席(輸入車) ¥36.000

・ステアリング ¥8.000〜

・4ドア4シートのお車でフルセット(輸入車) ¥110.000

 

その他、レザークリーニングも内容に応じてご相談下さい。

 

 

 

「綺麗って気持ちいい!」

株式会社ホットカンパニー
フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 
地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com

HP:http://www.hot-ccs.com/

 

 

| 施工手順 | 20:55 | - | - | pookmark |