CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
COMPANY LINK




AUTO SHOW WOLK

2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ホンダ・シャトル クオーツガラスコーティング | main | お客様の本当の目的。 >>
磨く用途に応じてバフもいろいろ〜

 

2017.11.09 itiki 001.jpg

 

最近お車をご購入されたオーナー様より、小キズが気になるんだよね〜と

ボディ磨きとガラスコーテイングのご用命をいただきました!^^

ボディコンディションを確認させていただくと・・・・(><)

結構な洗車キズが!^^;

確かにこの状態では気になる・・・・・・

 

これからボディ磨きを初めて行くのですが、ボディの隅々をチェックさせていただきながら、

どんな磨き方をしようか?

塗装の膜厚はどの位あるか?

ツールは何を使ってどこまで仕上げるようか?

 

などなど・・・・

磨きと一言でいっても塗装の硬さやダメージ度合で磨き方は全く違います。

同じ年式、同じカラー、同じ車でも全く違うので試行錯誤しながら今までの経験を活かしながら磨き方を考えながら組み立てます^^

ちょっと悩みますが、ここが磨きの楽しいところ、面白いところでしょうね〜^^

 

 

2017.11.09 itiki 002.jpg

 

 

2017.11.09 itiki 004.jpg

 

 

磨く手順やツール・アイテムを決めて一番効率よく早く・キレイに・確実に仕上げていく方法を見つけ出して作業を進めていきます^^

時々うまく組み立てが出来ない事もあって時間がメチャクチャ掛かってしまうこともありますが、

ある程度の経験を積んで来ると感覚でわかるようになってくるから不思議です^^

 

2017.11.09 itiki 005.jpg

 

 

2017.11.09 itiki 006.jpg

 

 

小キズだらけの塗装表面もスッキリ〜!

これが気持ちいい瞬間です^^

 

 

2017.11.09 itiki 020.jpg

 

 

 

 

磨くツールの中に「バフ」があります。

ポリッシャーというツールを使って塗装面を磨いて行くのですが、そのポリッシャーに「バフ」を装着してコンパウンドを付けて磨きます。

 

ここでも、塗装面のダメージ状況や塗膜硬度(硬いか柔らかいか)など、状況に応じて「バフ」を選び出します。

種類がいっぱいあって覚えきれないくらいです^^;

 

小キズやダメージの激しい塗装面には羊毛(ウール)タイプ、コットン(綿)タイプ、マイクロファイバータイプなどがあり、比較的良くマッチングします。

その羊毛タイプも毛の質感や長さ、硬さ、よじれているものなど沢山あります^^

 

ミックス羊毛タイプロング↓

2017.11.11 バフ 015.jpg

 

細毛ウールロング↓

2017.11.11 バフ 001.jpg

 

ねじれ羊毛ロング↓

2017.11.11 バフ 003.jpg

 

 

2017.11.11 バフ 007.jpg

 

 

2017.11.11 バフ 008.jpg

 

短毛タイプ↓

2017.11.11 バフ 004.jpg

 

 

2017.11.11 バフ 005.jpg

 

超短毛タイプ↓

2017.11.11 バフ 006.jpg

 

用途に応じていろんなタイプの「バフ」を選んで磨く対象の塗装面とマッチングさせて磨きます^^

 

 

さらに、さらに〜

「バフ」には〜まだ種類があるんです〜^^;

スポンジタイプにも低反発がり、コンパウンドの性能をフルに活かせる素敵なバフがあります^^

 

指で押してみると〜

 

2017.11.11 バフ 009.jpg

 

凹んだまますぐに戻ってこない^^;

枕やベットマットなどにも良く使われてますよね〜

クルマを磨くアイテムとしても低反発は活躍しているんですよ〜^^

 

2017.11.11 バフ 010.jpg

 

2017.11.11 バフ 011.jpg

 

 

この低反発バフもいろいろあります。

スポンジの粗さ、細かさ、低反発の強さ弱さなど〜^^;

使い分けしながら一番キレイに磨き上がるものを選んでポリッシュしていくんです〜^^

 

2017.11.11 バフ 013.jpg

 

2017.11.11 バフ 014.jpg

 

 

そして〜スポンジバフにはソフトタイプもまだまだ〜あるんです!

説明がきつくなって来ました(><)

 

というように〜「バフ」にも様々あり、磨きを一言で「こうして、あ〜して、こうする!」という決まりは全くないので、小キズを磨く作業であっても幾つかの組み合わせや磨き工程がうまくマッチングできて初めてキレイに磨ける!ということです^^

 

もちろん「バフ」だけでなくて、磨くポリッシャーやコンパウンドもまだまだ色々な種類がありますし^^;

それは次回のお楽しみとして〜

 

クルマを磨くツールは絶対的に必要ですが、もっと大事なのは磨く人と環境(設備も含めて)

塗装の種類や塗膜の状態を理解でき、磨く知識と経験をしっかりと持っている人でないと

「クルマを磨く」といっても一言では仕上がるレベルが大きく違って来るはずです。

 

なんだか〜また長々書いちゃいました(><)

 

という訳で〜

BMWさんの磨きは無事に終わって、明日はクオーツガラスコーティングの施工です^^v

 

 

 

 


facebookページ:こちら 「いいね!」宜しくお願いします!

 

 

 

「カーフィルムが安い!」


只今、とってもお得なキャンペーンを開催中です!

この機会をお見逃しなく!!

詳しくは、こちらをご覧ください。→山梨カーフィルム専門ショップページヘ

 

 

 

【スタッフ募集中!】

 

ホットカンパニーでは一緒に働いてくれるスタッフさんを募集しています!

磨き、コーテイングがメインのお仕事です。

興味のある方はお気軽のお問合せ下さいね〜^^

0120-6700-32(望月まで)

 

 

 

「綺麗って気持ちいい!」

株式会社ホットカンパニー
フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 
地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/

 

 

2017.10.24 東京モーターショー1 004+.jpg

2017東京モーターショー HONDAブースにて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ボディケア | 20:55 | - | - | pookmark |