CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
COMPANY LINK




AUTO SHOW WOLK
2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ボディコーテイングの長期サポート体勢が売りです! | main | トヨタ・FJクルーザー ボディもガラスも綺麗・キレイ! >>
窓ガラスに付いたシミは、ガラス研磨と撥水コートで綺麗になります!

今日ご入庫のお車のガラス!

良〜く見ると、水滴のシミがイッパイ^^;
水道水が乾いてガラスにくっついちゃった感じです^^;

こうなっては、洗車ではビクトもしません〜^^;
市販のコンパウンドでも簡単にはおちません。

2016.03.12higuthi 004.jpg


通称、ウロコジミ。
または、カルキジミ。
なんて言われていますが、本来は「スケール」と呼んでいます。

水道水に含まれているミネラル分が水分の蒸発と共に姿を表したもので、塩素やカルシウム、マグネシウムなどがその成分と言われています。

また、水道水にはわずかなシリカ(ガラス成分)も含まれているので、クルマのガラスとも相性がバッチリ!
互いに引き寄せてしまうようです^^;

2016.03.12higuthi 006.jpg

こうなっては、ガラス研磨という方法で削り取ります!

削ると言っても、ガリガリする訳ではありませんよ〜。


ガラス研磨用のコンパウンドで磨いて取ります^^



2016.03.12higuthi 015.jpg

2016.03.12higuthi 016.jpg

ガラス研磨後!どうですか〜?^^
かなりスッキリ取れています^^v

しか〜し!ちょっとお待ち下さい!
すごく綺麗ですが、このままでは洗車した時に水を乾かすと、また同じようにスケールがツイてしますんですよ!

では?
どうしましょう〜?

2016.03.12higuthi 012.jpg




一番よい対策方法としては、ウインドガラス撥水コートがお勧めです!
水そのものを球体にして弾くので水滴が残りづらく、乾いてもスケールがガラスとくっつきにくくなります^^

2016.03.12higuthi 007.jpg

2016.03.12higuthi 009.jpg

横の窓もシミだらけですが、

ガラス研磨をして撥水コートをしてあげるとすごく綺麗です^^

2016.03.12higuthi 020.jpg

2016.03.12higuthi 019.jpg


ボディが綺麗でも、ガラスがシミだらけだとかっこ悪く見えちゃいますから^^

今日も綺麗のお手伝い出来ました〜^^v


「綺麗って気持ちいい!」
株式会社ホットカンパニー
フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/
facebookページ:こちら 「いいね!」宜しくお願いします!
カーフィルムが安い!
詳しくは、こちらをご覧ください。→山梨カーフィルム専門ショップページヘ
ボディコーティング カーコーティング ポリマー加工 カーフィルム クルマ
山梨県に限らず、東京 埼玉県 千葉県 神奈川県 静岡県 長野県の綺麗な車好きのオーナ様お待ちしています!


「スタッフ募集中!」
只今、ホットカンパニーでは
一緒に働いてくれるメンバーを募集しています。

【募集内容】
職務内容:洗車・ボディ磨き・ボディコーティング施工
募集人数:男性1名  健康な方
年齢:20〜25歳くらいまで
必要資格:普通免許
経験:未経験でも大丈夫
休日:土・日・月のシフト制 隔週連休あり
月収:18万円より(職業能力給制度あり)
職務内容を見学→試用期間3ヶ月程度→正社員の順です。
社会保険、厚生年金、労災、雇用保険等完備しています。


ご興味のある方は望月までご連絡下さい!
0120-6700-32


JUGEMテーマ:カーコーティング


| ガラス磨き | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work-diary3.jugem.jp/trackback/2329
トラックバック