CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
COMPANY LINK

 

フィルムバナー.jpg


 

AUTO SHOW WOLK

2018.01オートサロンバナー.jpg

2018.01オートサロン.jpg

2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
MOBILE
qrcode
<< フロントガラスの飛び石でヒビが! | main | BMW320i 新車より輝いてます! >>
シミ・小キズで白ちゃけた202ブラックの磨き

2016.01.18中沢 008.jpg

2016.01.18中沢 009.jpg

202ブラックのトヨタ・アルファードさんのご入庫です。

「塗装面のシミが気になってしょうがない!」
「洗車しても綺麗にならない〜!」

綺麗にしたいけど、綺麗にならない・・・・^^;
オーナー様も気持ちも塗装面を見たら理解できました。



2016.01.18中沢 001.jpg

2016.01.18中沢 003.jpg

水滴ジミ、小キズがいっぱい!
黒いはずの塗装面が、白っぽく見える感じ^^;

うっかりコンパウンドを使って擦ったり、WAXをいくら塗りこんでも、
ここまで汚れが喰い込んた状態だと手に負えないでしょう。

塗装表面に食いついたシミであれば研磨してあげれば殆ど取り除けます。
しかし、長い期間その状態を放置してしまうと研磨してもシミの形状が塗装に記憶されてしまいます。
塗装に記憶という表現が正しいかどうかは解りませんが、一旦は綺麗に見えても熱がかかると、取り除けたシミがまた浮き上がって見えて来る現象があります。

さて〜こちらのアルファードさんはいかがなものか!?


2016.01.18中沢 016.jpg

2016.01.18中沢 018.jpg

ある程度の量を研磨しましたが、樹脂部分以外はシミの戻りは起こらず良い仕上りになりました^^v



2016.01.18中沢 019.jpg

2016.01.18中沢 021.jpg

2016.01.18中沢 024.jpg


画像では解りにくいのですが、樹脂部分のフロントバンパーは薄っすらとシミの戻りが起こっています。
塗装の厚みを考え一定の研磨は行いましたが、これ以上は危険と判断しました。

磨きを追いかけるあまり、塗装自体をなくしてしまったり、薄く下地が見えてしまうような磨きは避けたいものです。

仕上りを追求することも大事ですが、逆にお客様にご迷惑を掛けてしまう事もありますので、リスクヘッジの判断がキワキワな磨きもあります。



仕上り状態を説明させて頂いた上での研磨でしたが、
納得頂ければ嬉しいな〜^^



「綺麗って気持ちいい!」
株式会社ホットカンパニー
フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/
facebookページ:こちら 「いいね!」宜しくお願いします!
カーフィルムが安い!
詳しくは、こちらをご覧ください。→山梨カーフィルム専門ショップページヘ
ボディコーティング カーコーティング ポリマー加工 カーフィルム クルマ
山梨県に限らず、東京 埼玉県 千葉県 神奈川県 静岡県 長野県の綺麗な車好きのオーナ様お待ちしています!


JUGEMテーマ:カーコーティング
| ボディケア | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work-diary3.jugem.jp/trackback/2274
トラックバック