CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
COMPANY LINK




AUTO SHOW WOLK

2018.01オートサロン.jpg

2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
MOBILE
qrcode
<< 「スズキ・パレット」 フロアーマット交換 | main | 「メルセデス・ベンツS63 AMG」 ガラスコーティング >>
「純水装置」
JUGEMテーマ:車/バイク

兼ねてから洗車やコーティングの作業に「品質の高い水」を求めていました。
今現在は「純水」を購入していますが、この際に装置を買っちゃおうか!と思い、デモ機を業者様からお借りしました。


こちらの装置です。
このサイズは1時間に15Lの「純水」が造れます。
(購入予定なのはもう少し大きいサイズのです)
本来は研究や実験、検査、医療などで使われている装置だそうです。

業者さんに聞いたら、
自動車を洗う?
というのには使われていないそうです^^;

それだけ「高純度な純水ができる」という事。

この装置は逆浸透膜(RO)の装置とイオン交換カートリッジを併用しているので、
質のいい純水」ができるそうです^^


まずは、水道水を計測器で測ってみました。
185マイクロジーメンスという数値です。
この数値は、水が電気を通す能力をいいます。
単位はμS/cm(マイクロジーメンスパーセンチメートル)
水中の電解質濃度(イオンになって溶ける塩類濃度)を一括して推定する指標で、 海水の影響や混合状態等を推定したりするのに用いられます。
一般的な河川では110マイクロジーメンス位、家庭用の飲料水(水道から出る水)では200マイクロジーメンス位が平均のようです。


さて、スイッチを入れて出てきた水を測定してみると、
0.16マイクロジーメンス
1.00マイクロジーメンス以下が「純水」に当てはまるので、バッチリ純水ですね^^


ちなみに、工場の蛇口から出ている水道水をTDSメーターで測ってみると、

水道水の数値が141ppmでした。
このppmとは、
parts per million の頭文字をとった「100万分の1」という濃度(比率)を表す時に使用されます。
1ppmは、水1リットルの中に1mgの物質(溶質)が溶けている状態を表します。

やや軟水で(カルシウムイオン(Ca2+)、マグネシウムイオン(Mg2+)が大目です。

いっそうの事、蛇口から出る水すべて「純水」にしたいと思っています^^

純水を使用する目的は、ボディコーティングを施工する直前の塗装面洗浄に使うためです。
どんなに脱脂をしても、脱脂剤に含まれる溶剤が残ります。
極論かも知れませんが、ボディコーティングをしっかり定着させ、その性能をフルに発揮させるためには「純水」を使った洗浄処理が欠かせないんです。

人間にも、ボディコーティングにも「水」は要なんです^^




 「ガラスコーティング・カーフィルム専門店」
「HOT COMPANY」/株式会社ホットカンパニー
「綺麗・気持ちいい、快適カーライフをお手伝いします!」

山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
055-275-6700
www.hot-ccs.com
kagayaki@hot-ccs.com

山梨、東京、神奈川、長野、群馬、埼玉、静岡など、
県外の「綺麗なクルマ大好きなオーナー様」お待ちしております^^
「綺麗・気持ちいい!」を山梨から。

出張磨きもします。(海外も^^)

(このブログ内の画像に問題がありましたら、お申出くださいませ、
速やかに削除いたします。)
 


| 新商品 | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work-diary3.jugem.jp/trackback/196
トラックバック