CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
COMPANY LINK




AUTO SHOW WOLK
2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 見えないところだって、こだわりのコーティング! | main | オレンジと赤のハスラー >>
バブリング現象でフィルムの貼替え!
 
今日はとってもバブリーな日!

ご入庫いただきましたお車のリアガラスをご覧ん下さい!!
衝撃の気泡の嵐!
バブリング現象ですね〜^^;

10年位前に施工されたと思われる粗悪なフィルムによって、気泡がバブルの泡のようにプクプク浮き上がって来ている現象です。

もう、こうなってはどうにもこうにも手が付けられません。
というか、剥がす他ありませんね。

フィルムを剥し、新しく貼替えて欲しい!
そんなご依頼でご入庫いただいたお車です。


2015.1.25バブリング 005.jpg


2015.1.25バブリング 009.jpg



2015.1.25バブリング 018.jpg


外側から見ると泡ぶくだらけ、内側からはモヤモヤしてます。
これでは視界も悪く運転しにくいでしょうね〜^^;


2015.1.25バブリング 021.jpg


2015.1.25バブリング 022.jpg


2015.1.25バブリング 025.jpg


2015.1.25バブリング 026.jpg



手順とすればフィルムを剥し、ガラス面に残ったフィルムの糊を剥離し、一旦綺麗なガラスに戻す必要があります。

この作業は結構手間がかかり、骨が折れる細かい作業^^;
内側のガラス面に汚れも糊のカス一つも残せませんので〜^^

2015.1.25バブリング 027.jpg


剥がしたフィルムはといえば、スッカリ色あせています。
陽にあたっていなかった部分は、そこそこ濃いスモーク色。
それに変わって、陽にあたっていた部分はブルーに色あせていますね〜^^;
恐らく染色(色を染めて造ったフィルム)タイプの粗悪なフィルムでしょうね。




剥がしたフィルムのノリの面もこんな感じ。
ベタベタしてフィルムのノリが壊れています^^;

2015.1.25バブリング 035.jpg


2015.1.25バブリング 040.jpg


ガラス面の掃除をキッチリ終え、以前貼ってあったフィルムより1ランク濃い色のフィルムで施工し終えました。


2015.1.25バブリング 048.jpg

視界も良好!
貼り直したというより、純正のプライバシーガラス見たいですね^^

2015.1.25バブリング 049.jpg

2015.1.25バブリング 052.jpg


気泡もなくなり、スッキリしています!^^

2015.1.25バブリング 055.jpg


2015.1.25バブリング 045.jpg


2015.1.25バブリング 042.jpg




今回の例はフィルム施工後に年数も経っていましたが、
フィルム選びは安ければいい!というものではありません!

フィルム剥しの工賃、新しく貼る工賃も含めて¥35.000(リア1面)と決してお安くはありません。
施工ショップとフィルム選びは慎重に!^^

ちなみに弊社のカーフィルムは安心の施工後5年保証!
耐候性、透明度も良質の国内品を使っています!


★★株式会社ホットカンパニー★★
フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/
facebookページ:こちら 「いいね!」宜しくお願いします!




カーフィルムが安い!
詳しくは、こちらをご覧ください。→山梨カーフィルム専門ショップページヘ

ボディコーティング カーコーティング ポリマー加工 カーフィルム クルマ
山梨県に限らず、東京 埼玉県 千葉県 神奈川県 静岡県 長野県の綺麗な車好きのオーナ様お待ちしています!

JUGEMテーマ:カーフィルム

| カーフィルム | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work-diary3.jugem.jp/trackback/1924
トラックバック