CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
COMPANY LINK




AUTO SHOW WOLK

2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 花粉や黄砂の多い季節は、早めの洗車をお勧めします。 | main | マツダ・アテンザワゴン シリカガラスコーティング施工 >>
フロントガラスのリペアはこんな感じで治してます。
 

今年はフロントガラスリペアのご依頼が本当に多い年?!

昨年の2倍はあるだろうか〜?


今日もフロントガラスリペアの補修をしています。


ご入庫いただいたお車のフロントガラスには直径で2.5cm程度のヒビがバッチ!と入っていました。

リペアをする前に、ヒビの割れ方によって修正方法が少しづつ違うので、ヒビの入り方を見ながらどう直していこうかと方法をこの時点で考えていき、水分や汚れが入っているとキレイに直せないので、ヒビの中の水抜きを一番最初に行います。




拡大するとこんな風に割れていました。
中心の白い部分が衝撃点。
いわゆる石が当たった部分。

そこから放射状にガラスの中に数本の亀裂。
見る角度でキズの見え方が違うのですが、黒く見えている部分には亀裂(ヒビ)となって、そこに空間があることを示しています。




衝撃点はガラスが細かく割れていますね。





それでは、約1mm程度のドリルの刃を使って、衝撃点の粉々になったガラス破片を取り除いてみます。




ま〜るく取り除いてキレイになった衝撃点。
ただ、このままだと、ガラス表面の修正跡がキレイでないのと、リペア跡の小さい欠けが起こりやすいので縁を整えます。




衝撃点の縁を真ん丸にして仕上りの見栄えがよくなるようにしました。




ガラスの表面から約1.5mm〜2mm程度掘り下げて、ヒビを接着するレジンを流していきます。





レジン(接着剤)は特殊な装置を使い、レジンを流し込む前にヒビの中に残っている空気をバキュームポンプで抜き、真空の状態にしてからタイミングを見ながら流し込みます。

真空にしたり、解除したり、真空にしたり、解除したり、または、加圧したりすることもあります。

とにかく、ヒビの中にレジンが入ればOKです^^





レジンがある程度入った状態です。
が!しかし、良〜く見るとヒビの部分に黒い部分がチョット残っていますね。
これは、完全にレジンが入っていない証拠!

白く光って見える線はヒビ割れが光に屈折して見えています。
この線は残念ながら消せない線です。



どの程度までレジンが入っているかチョットテストしてみました。
これは普段あまり行いませんが、ヒビ割れた部分の近くを軽く押して見ると!
まだまだレジンが入りきっていません。

もう少し時間を掛けてレジンを入れてみましょう。





ようやくレジンがヒビの内部まで完全に到達。

つかざずレジンと固めるためのUVランプを放射してキズを密着させます。
(このレジンは紫外線を照てると固まる接着剤です)





ヒビの中のレジンが固まったら、次は衝撃点の穴を平らに埋める表面用のレジンを入れて、さらに硬化させていきます。





レジン硬化終了!

埋めて固めたレジンはガラス表面にはみ出します。
そこをスクレーパーで余分な所を取り除いて、ガラスを真っ平まで削ります。




削り終わったら、今度は磨き上げて透明度を上げます。

最終的にはこんな感じです。
衝撃点が丸く残りますが透明度がでました。

先程も書いたように、白く光ったヒビが見えています。
ヒビ自体は接着出来ていますが、光がヒビに反射してどの角度で白く見えてしまいます。



光を外してみると・・・・
よく見ないと解らないレベルまでヒビは見当たりません。
プッシュロッドの先の上辺りに薄っすら衝撃点が丸く見えるのが解りますか?




飛び石によるヒビは放って置いても治りませんし、ましてや温度差や衝撃、ガラスのよじれなどで小さかったはずのヒビがドンドン伸びてしまうことがあります。

ヒビが伸びてしまうと、もはやガラス交換しかないんですね^^;

ちなみに、国産車普通車のフロントガラスを交換するとなると、
8万円〜15万円くらいします。

保険で治されるならともかく、自費だと結構負担も大きいです。
また、保険を使って入替えする場合でも以前は等級据置でしたが、飛来物修理は1等級落ちるので翌年から保険代も上がったりします^^;

小さなヒビのうちに治しておくのがお安く済みます^^

ホットカンパニーでは、ヒビの大きさ、難易度によって費用が違いますが、
1ヵ所¥12.000〜¥20.000位までが目安です。

また、補修後1ヶ月以内にヒビが伸びてしまった場合では、リペアに掛かった費用は全額返金という制度もありますので、ご安心いただけると思います。
(ヒビの大きさによっては、返金制度が適応出来ないものもあります。)


作業は2時間〜3時間程度のお預り
代車もご予約いただければ無料で貸出できます。

フロントガラスのヒビ割れは気づいたらお早めに!




「クルマが輝けば、人が輝き、街が輝く!」

株式会社ホットカンパニー


フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/
スタッフブログ:http://hot-staff.jugem.jp/
facebook:こちら 「いいね」宜しくお願いします。




カーフィルムが安い!
詳しくは、こちらをご覧ください。→山梨カーフィルム専門ショップページヘ

ボディコーティング カーコーティング ポリマー加工 カーフィルム クルマ
山梨県に限らず、東京 埼玉県 千葉県 神奈川県 静岡県 長野県の綺麗な車好きのオーナ様お待ちしています!


JUGEMテーマ:カーフィルム





| ウインドガラスリペア | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work-diary3.jugem.jp/trackback/1640
トラックバック