CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
COMPANY LINK




AUTO SHOW WOLK
2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< コーティングも効果も実感出来る大きなクルマ。 | main | アウディQ5 「BIND GLASS COTING」 >>
洗車のススメ ★4  ホール洗浄
 

洗車のススメ  第四弾

洗車といえば、ツールも重要ですね。

以前の記事でもお伝えしましたが、
まずは、お勧めの洗車手順から行きますと、「足廻り」の洗浄からがお勧めです。

というのは、ホイールのお掃除は結構時間が掛かります。
ボディを洗ってからだとボディの水滴がすっかり乾いてしまい、水滴ジミの原因になるからです。




ホイールを洗う時に重宝なツール1
ナットブラシ

ナットの中をグリグリと洗うことが出来る優れものです。




こちらの商品は、オートグリムさんで販売されているホイールナット用ブラシです。
お値段は¥2.730(’税込み)




毛先も柔らかくて、ホイールへのダメージも少ない商品です。
1本あれば永く使えて便利です^^





ホイールを洗う時に重宝なツール2
ホイールブラシ

続いて、ホイールの中の掃除。
ここはブレーキダストの宝庫^^;
さらに、手の届かない場所!

そこで、重宝しているのがこちらのホイールブラシ!
ホイールの隙間から差し込んでゴシゴシ洗う事ができます。






素材はやや固めです。
純正ホイールではキズも付きにくいのですが、つや消しホイールや光沢のある柔らかい塗装がされているホイールの際は取り扱い注意です^^;

洗わずにそのままよりかはいいでしょうかね。

一番良いのは、スポンジで奥まで洗えればそれが良いと思います。





さて、ホイールの表面やリムの奥、ナットなど洗っていますが、
もう2つボディ洗車の前に洗いたい場所があります。


それは、フェンダーやクオーターハウス。
できれば手が届く範囲は奥まで洗いたいところです。


この時、使っているスポンジはボディとは別のものにした方がいいですね。



ホイールは1本毎、洗ってはすすぎします。




さらに、もう1箇所
ボンネット、トランク、ドアや給油口の内周りの洗浄。

キレイ好きな方にとっては、押さえて置きたい場所ですよね^^



ドアの内張りに触らないように、優しくスポンジで洗って、
シャワーでそっとすすぎ流す。



給油口も同じくキュキュっと洗いますが、
水圧は控えめにして、燃料キャップ付近にはあまり水をかけないようにしています。
万が一ですが、キャップのゆるみが無いように確認が必要ですね。






こちらでホイール洗浄の流れをご覧いただけます。


洗い方にはいろんな手順があると思いますが、ホットカンパニー流の洗い方もご参考いただければと思います^^v


ホイール、ドアなどの内周りが綺麗になって、
ボディ洗車に移ります^^


これは、また次回^^



ポイントを押さえた洗車で、さらにドライブが気持ちいいですね〜^^




「クルマが輝けば、人が輝き、街が輝く!」

株式会社ホットカンパニー

フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/
スタッフブログ:http://hot-staff.jugem.jp/
facebook:こちら 「いいね」宜しくお願いします。




【お知らせ】

只今、カーフィルムを早めにご予約いただくと!
なんと〜!定価から20%Off!!
これは、見逃せませんね〜^^v

詳しくは、こちらをご覧ください。→山梨カーフィルム専門ショップページヘ


ボディコーティング カーコーティング ポリマー加工 カーフィルム クルマ
山梨県に限らず、東京 埼玉県 千葉県 神奈川県 静岡県 長野県の綺麗な車好きのオーナ様お待ちしています!



JUGEMテーマ:カーコーティング











| 洗車 | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work-diary3.jugem.jp/trackback/1511
トラックバック