CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
COMPANY LINK




AUTO SHOW WOLK

2018.01オートサロン.jpg

2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
MOBILE
qrcode
<< 洗車をしたら塗装面がザラザラしてる!? その正体は・・・ | main | 特別なアウディQ5! その訳は? >>
えェ〜!なにこのキズ!! なんとか成らないかな〜^^;
 

今回も「塗装ダメージ」の続き^^

良く有りがちというか、一番お問合せのあるランキングNo.1かもしれません。


そうです、スリキズ!

上の画像の中央部分にある白い線キズです。



昨日まで無かったのに!

というオーナー様の悲鳴・・・


飛び込みで来られる方も少なくありません^^;



そう〜大事に大事にしているからこそ、本当に居てもたっても居られない!

そのくらい気になってしまうものですよね^^



まず、キズの状態チェックです。



拡大してみると、塗装の表面が削り取られています^^;




白く見えているのがクリアー塗装の残根です^^;

可愛そうに・・・





このスリ傷を磨いてできるだけ目立たないように磨いてみます。

ただし、塗装の厚さが関係しているので完全にキズを無くす事はできないかもしれません。

なぜかと言うと、こちらの塗装はブルーメタリックの塗装の上に透明なクリアー塗装がされていて、艶やかな光沢をクリアー層で見せているんです。

そのクリアー塗装の厚さが30ミクロン程度しか無いからです。
(1mm=1000ミクロンです)

ちょっと専門的なお話になるので例をあげてみると〜、

平均的なコピー用紙が80ミクロン
一般的なティッシュペーパーが30ミクロン
セブン-イレブンのコンビニ袋が15ミクロン
という厚さなんです。

そう、クリアー塗装の厚さって、ティッシュペーパー位の厚さしか無いんです!
驚きでしょう〜^^;




話は元に戻りまして、

キズの部分を15ミクロン程度磨いてみました↓



2枚目の画像から比べると、だいぶスリ傷は良い感じに目立ちにくくなっています。

もう少し磨くと全部消えて無くなりそうですが、透明なクリアー層がなくなってしまうとツヤボケしてしまう事もありうるので磨きはここでストップです。



離れてみると小さな点が4ヵ所残って見えますね↓ ^^;

キズの深さから言うと、ここまでが限界と判断しての仕上りです。



スリ傷の部分の塗装を整えてキレイに近づけるという磨きの作業です。

もうちょっと磨きたい!

そんな気持ちとの葛藤もここにはありますが、
クリアー塗装がなくなってしまうことを考えると、ここ止まり。

塗装面に深く入ったキズは引き際も肝心って事もあります^^;




私たちに出来る事であればご対応させていただきますので、
このようなスリ傷など、塗装ダメージでお困りの事がありましたらお気軽にお問合せ下さいね^^



「クルマが輝けば、人が輝き、街が輝く!」

株式会社ホットカンパニー

フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/
スタッフブログ:http://hot-staff.jugem.jp/



【真剣に!スタッフ募集のお知らせ!!】
只今、ホットカンパニーでは「スタッフを募集しています!」
★詳しくはこちらへ★


| 塗装ダメージ | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work-diary3.jugem.jp/trackback/1230
トラックバック