CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
COMPANY LINK




AUTO SHOW WOLK

2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ホットカンパニー流 お勧めの洗車手順 1 | main | ホイールのひどい汚れをクリーニング! >>
ホットカンパニー流 お勧めの洗車手順 2
それでは、ボディの洗車をスタートしましょう〜^^

まずは、洗車の前に準備したいのは「シャンプー液」です。


ボディシャンプーを5〜10cc程度バケツに入れて作ります。



これで準備完了!



【2】ボディは側面から。

え?ルーフからじゃないの?と言われそうですが、これには理由があります。
これは、水滴のシミを極力付けたくないという事から側面から洗うのがお勧めなんです。

上の画像は洗車中に水滴が乾いてしまい、水滴のシミが塗装面に付いてしまったものです^^;
一見、洗車すれば取れそうですが、固着してしまうと〜そう簡単には落とせないのが現状です。

ボディコーテイングを施工してあっても付いてしまう事もあります。
100%付かない!というのは無に等しいかもしれませんね^^;

ここに、「側面から洗う」という理由があるんです^^

もちろん、このような水滴ジミ(スケールとかイオンデポジットとも言います)ボディコーティングを施工いただいているお車でしたら、メンテナンスをご利用いただければ落とすことができますのでご安心くださいね^^



では、その手順を。

\うパネルだけぬらす。
  
本来はボディ全体に水を掛け、ホコリや泥をよく流して〜と言いたい所ですが、あえて洗うところだけです。
これも、水滴が乾いてシミにならないようにという工夫です。


気温によっても水の乾き具合が違いますが、屋外では1パネルづつがベストです。
早朝や夜の洗車であれば側面4パネル位は同時に洗っても大丈夫かと思います^^



(ポイント)
ボディの下回りには砂や泥など乾いて付いてしまっているので、水圧を利用して丁寧に汚れを浮かしてから。


⊂紊ら下にかけて洗う。

洗車スポンジにたっぷりシャンプー泡を染み込ませて、ドアの上から下に掛けて軽く洗います。
洗い残しのないように素早く、丁寧に移動させます^^;


1パネルが洗い終わったら、速攻で水を掛けて「すすぎ」ます!^^


洗い終わったところの水が乾きそうだたら、様子を見ながら水を掛けて上げましょう。



(注意)
ドアの下回り付近やステップなどを洗うとスポンジも汚れます。
必ずスポンジの汚れを落としながら次のパネルに進みましょう^^






(ポイント)
スポンジは常に綺麗にしておきましょう!^^





ここで使っているスポンジ
・3WDスポンジ ¥500/1個




・濃縮ボディシャンプー ¥800/200cc






ボディの側面、フロントバンパー、リアバンパーなどグルっと一周洗い終わったら、
次回は平面です。





「クルマが輝けば、人が輝き、街が輝く!」

株式会社ホットカンパニー

フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/
スタッフブログ:http://hot-staff.jugem.jp/



【スタッフ募集のお知らせ】
只今、ホットカンパニーでは「スタッフを募集しています!」
「クルマ磨きを通して、一緒に自分磨きも(^^)してみませんか?」
★詳しくはこちらへ★







| お勧めの洗車手順 | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work-diary3.jugem.jp/trackback/1088
トラックバック