CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
COMPANY LINK




AUTO SHOW WOLK

2017オートサロンバナー.jpg 2016 SEMA.jpg 2015 モーターショー.jpg
2015ラ・フェスタ.jpg セマショー.jpg





ARCHIVES
                     
CATEGORIES
                     
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
意外と怖い天敵!
 
いきなりですが、何でしょう〜?^^;

何かを拡大した画像です。

これは、塗装面に斑点状に見えるシミを拡大した画像です^^;

お客様がシミ付いたので取り除けるか磨いて欲しいとのご依頼をいただきました。

作業前に、「シミに見えますが塗装クラックが入っている為、磨いてもコンパウンドが入り込んで白く残ります。」
とお伝えし作業を進めてみました。
やはりお伝えしたとおり・・・・^^;

しかし、直径2mm程度なので肉眼ではなかなかわかりません。

下の画像は通常のカメラでの撮影です。




下の画像も同じお車のボンネット。
パッと見た感じでは、白い汚れが付いているように見えますが^^;
赤い線の枠のところを拡大してみると・・・・。


やっぱり、塗装の表層クラックが入っていいます^^;


これらは、強いアルカリ性の汚れが原因と考えられます。
主な汚れは、虫の死骸、鳥糞、樹液などを長時間放置してしまい、塗装表面に留まらず内部まで侵食してしまったのでしょう。




ボンネットには無数の小さな塗装表層クラックがありました。
こうなっては塗装修理以外、元に戻すことが出来ません。



虫の汚れだからと言って、放置は避けて早めに洗車しておきましょうね〜^^


「クルマが輝けば、人が輝き、街が輝く!」

株式会社ホットカンパニー


フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/
スタッフブログ:http://hot-staff.jugem.jp/
facebook:こちら 「いいね」宜しくお願いします。




カーフィルムが安い!
詳しくは、こちらをご覧ください。→山梨カーフィルム専門ショップページヘ

ボディコーティング カーコーティング ポリマー加工 カーフィルム クルマ
山梨県に限らず、東京 埼玉県 千葉県 神奈川県 静岡県 長野県の綺麗な車好きのオーナ様お待ちしています!


JUGEMテーマ:カーコーティング

| 塗装ダメージ | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
恐るべし!
 

塗装面に何やら茶色い物体を発見!

サイズは1mm程度。


これ??
何だか解りますか?

この正体は「鉄粉」です!

茶色くなっているのは鉄粉が錆びた状態になっているからです。

簡単な洗車ではすでに落ちにくくなっているため、ボディメンテンナンスでボディクリーニングをさせていただくことになりました。


鉄粉そのものはいろんな方法で取り除く事ができますが、

今回は単純に「指の爪」で試しに取ってみました^^

プチッっという感じで取り除けましたが、黄色く錆びた汚れはそのままだと残ってしまうので、クリーナーを使って取り除くことになりました。






こちらも同じく鉄粉。

トラップ粘土を使って取り除いてみました。


それでも茶色い錆汚れはのこったままです^^;

下の画像を「よ〜く」見て下さい!

わずかに鉄粉が取れた跡が凹んでいます。
なかなか肉眼ではわかりにくいのですが、鉄粉が取れた後は殆どこな感じに足跡を残してしまうんです^^;





なので、仕上げはやっぱりボディ磨き!

お肌を整えて上げて、初めて終了です^^




「鉄粉」はほって置くと、間違いなく塗装面に突き刺さってしまいます。

洗車した時など、手のひらで優しく塗装面をなでて見て下さい。


ザラザラしたものがあったら、それは「鉄粉」かもしれません。


お困りの場合はご相談下さい。




クルマが輝けば、人が輝き、街が輝く!」

株式会社ホットカンパニー

フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/
スタッフブログ:http://hot-staff.jugem.jp/
facebook:こちら 「いいね」宜しくお願いします。







| 塗装ダメージ | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
えェ〜!なにこのキズ!! なんとか成らないかな〜^^;
 

今回も「塗装ダメージ」の続き^^

良く有りがちというか、一番お問合せのあるランキングNo.1かもしれません。


そうです、スリキズ!

上の画像の中央部分にある白い線キズです。



昨日まで無かったのに!

というオーナー様の悲鳴・・・


飛び込みで来られる方も少なくありません^^;



そう〜大事に大事にしているからこそ、本当に居てもたっても居られない!

そのくらい気になってしまうものですよね^^



まず、キズの状態チェックです。



拡大してみると、塗装の表面が削り取られています^^;




白く見えているのがクリアー塗装の残根です^^;

可愛そうに・・・





このスリ傷を磨いてできるだけ目立たないように磨いてみます。

ただし、塗装の厚さが関係しているので完全にキズを無くす事はできないかもしれません。

なぜかと言うと、こちらの塗装はブルーメタリックの塗装の上に透明なクリアー塗装がされていて、艶やかな光沢をクリアー層で見せているんです。

そのクリアー塗装の厚さが30ミクロン程度しか無いからです。
(1mm=1000ミクロンです)

ちょっと専門的なお話になるので例をあげてみると〜、

平均的なコピー用紙が80ミクロン
一般的なティッシュペーパーが30ミクロン
セブン-イレブンのコンビニ袋が15ミクロン
という厚さなんです。

そう、クリアー塗装の厚さって、ティッシュペーパー位の厚さしか無いんです!
驚きでしょう〜^^;




話は元に戻りまして、

キズの部分を15ミクロン程度磨いてみました↓



2枚目の画像から比べると、だいぶスリ傷は良い感じに目立ちにくくなっています。

もう少し磨くと全部消えて無くなりそうですが、透明なクリアー層がなくなってしまうとツヤボケしてしまう事もありうるので磨きはここでストップです。



離れてみると小さな点が4ヵ所残って見えますね↓ ^^;

キズの深さから言うと、ここまでが限界と判断しての仕上りです。



スリ傷の部分の塗装を整えてキレイに近づけるという磨きの作業です。

もうちょっと磨きたい!

そんな気持ちとの葛藤もここにはありますが、
クリアー塗装がなくなってしまうことを考えると、ここ止まり。

塗装面に深く入ったキズは引き際も肝心って事もあります^^;




私たちに出来る事であればご対応させていただきますので、
このようなスリ傷など、塗装ダメージでお困りの事がありましたらお気軽にお問合せ下さいね^^



「クルマが輝けば、人が輝き、街が輝く!」

株式会社ホットカンパニー

フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/
スタッフブログ:http://hot-staff.jugem.jp/



【真剣に!スタッフ募集のお知らせ!!】
只今、ホットカンパニーでは「スタッフを募集しています!」
★詳しくはこちらへ★


| 塗装ダメージ | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
洗車をしたら塗装面がザラザラしてる!? その正体は・・・
 

今日は「塗装面のダメージ」についてのお話です。



今日のお車は洗車したらザラザラ・・・

どうしてこんな風になってるの?

というお問合せの電話がキッカケでした。



お車を持ち込んでいただき、拝見して見ると!

なんと〜「塗装ミスト」が!

塗装ミストとは霧状に塗装のツブツブが塗装面にくっついちゃってる状態です。

お話を伺うと、最近鈑金塗装をされたとの事。

恐らくですが、その際に塗装ミストが飛来して塗装面に乗り、そこで乾燥して張り付いちゃったのではないかと予測されます^^;


ちゃんとマスキングしておいてくれれば良かったのにね^^;


コチラがそのザラザラの正体です↓
(拡大しています)


1mmにも満たない小さな白い破片が塗装ミストです。
ミストが乾燥して張り付いているので、洗車ではもう取り除けない状態です^^;

塗装ミストが付いてすぐであれば、トラップ粘土などを使って簡単に落とす事ができますが、時間の経過と共に取れにくくなってしまいます。

こちらのお客様はすぐに気づかれたので運が良い方でしょうか^^
でも、付いてしまったのは別かな〜^^;

トラップ粘土処理でこんな感じです↓


ザラつきも殆ど無くなり、スッキリしています。

おっと!

簡単そうに見えますが、粘土処理は使用するトラップ粘土の質や取り除く方法にコツがあるので、無闇に扱うとキズが付いてしまったりと、大変なことになるのでご相談下さいね。




「クルマが輝けば、人が輝き、街が輝く!」

株式会社ホットカンパニー

フリーダイヤル:0120-6700-32
電話:055-275-6700
山梨県中巨摩郡昭和町西条5112-1
ホットカンパニー 地図
メール:kagayaki@hot-ccs.com
HP:http://www.hot-ccs.com/
スタッフブログ:http://hot-staff.jugem.jp/



【真剣に!スタッフ募集のお知らせ!!】
只今、ホットカンパニーでは「スタッフを募集しています!」
★詳しくはこちらへ★

| 塗装ダメージ | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |